構造的な違い

マンションとアパートを比較した場合、特徴の違いとしては、 木造や軽量鉄骨造りで、低層物件になっているものはアパートと呼ばれます。 規模も小さく、そこまで大型の建築物ではないことがわかるでしょう。 これに比べ、鉄筋コンクリートや鉄骨まで使って作られている建築物で、 耐火構造になっている集合住宅はマンションと呼ばれているのです。

もうちょっと比較していくと、マンションのほうがアパートよりも高層住宅になっているでしょう。 感覚的なものでもありますが、エレベーターまで完備しているものはアパートとはまず呼びません。 逆に2階建てのものは、耐火構造であってもアパートと呼ぶことが多いはずです。 これは、構造的に高層住宅にすることができないために、2階建てにおさめているといえるでしょう。

マンションの場合には、管理人の存在も区別する理由の一つになっています。 そのため、家賃のほかに管理費がとられたりすることもありますので、 全体的にアパートよりも高額になってしまうでしょう。 アパートの場合には、大家がほとんどを面倒見ることが多いため、 特別な管理費用も発生しにくくなります。割安に住むことができるのは、 アパートのほうであることは間違いありません。